出棺から精進落としまで

葬儀

納めの式が最後の別れ

埼玉県などでも葬儀において出棺から火葬場までの流れとして、いくつかあります。告別式で、お別れを済ませて喪主からの挨拶が終了すると出棺して火葬場に向かいますが遺族や親族、親しかった友人知人などは同行します。そのさい葬儀社が用意したマイクロバスやタクシーを利用する人また個人の車で行く人もいるので誰が、どの車に乗るか確認しておくことが大切です。火葬場では納めの式が行われ、棺を火葬炉の前においた状態で僧侶が読経を行います。これが本当に亡くなった人と最後の別れになります。火葬が始まると終わるまで一時間くらいかかるので一同は控室で待ち、軽い飲み物と食べ物を摂ります。火葬が終わると骨揚げになり個人と血縁の深い順に竹の箸を二人一組で、お骨を拾い橋渡しを行います。竹の箸は回し渡して使い、足から頭に向かって拾っていき最後は故人と最も深い関係の人が喉仏を拾います。骨壷は白木の箱に入れ葬儀場へと持ち帰ります。これらが埼玉県などでの出棺から火葬場までの流れになります。

挨拶は2回行う

埼玉県などでも葬儀告別式後の精進落としなどでマナーが、あります。遺族や親族が僧侶や世話役、弔問客をもてなすために1時間から2時間行うもので座席は遺族のすすめによって座ります。会食の前に遺族の方から献杯を行いますが宗派や地域によって行わない時もあります。ある程度くつろいだ雰囲気の席ですが基本的に故人の生前の思い出話しなどをして、亡くなる前後の話や大きな声で話すことは禁止です。埼玉県などでも精進落としでの挨拶は2回行います。1回目は着席した直後に行い2回目は終了する前の、お開きの挨拶をして遠方などから来ている人が段取り良く帰れるようにします。そして納骨や法要の予定が決まっていたら2回目の挨拶で伝えるようにして終了になります。