仏さまとの対話のために

仏壇

種類と値段

先祖や祖先と向き合うために利用される仏壇は、大きく分けると昔ながらの伝統的なデザインの唐木や金、漆塗りのものと、現代的なインテリアとして室内に調和した家具調の二種類に分類することができます。またその種類や材質、品質などによって価格もばらつきが激しく、素人が一見しただけではその違いの判断がなかなか難しいこともあります。ちなみに小さめの家具調の仏壇では、低価格の場合は数千円程度から購入することが可能で、人間用だけでなく最近ではペット用などもあり、デザインや素材も実に豊富です。そして伝統的な唐木仏壇などでは高級木材を使用していたり、金仏壇では金箔の金の純度が高くて漆は国産である場合などは、かなりの高価格になることもあります。

値段の違いは

種類やデザインも豊富ですし、見た目には同じように見えても素材の良し悪しによって価格は大きく変動しますし、一般人には分からないことだらけの仏壇選び。もっとも基本的に価格が高いものは、やはり素材もよくて長持ちします。そして彫り物や蒔絵などは素人でもその精巧さや美しさはすぐに見てわかりますので、そういったものを重視して選んでも良いでしょう。また外国などの産地のものでは低価格が魅力的な場合もありますが、品質にやや問題があるケースなどもあるため、低価格だからとすぐに手を出すのは控えた方が無難です。それゆえにしっかりとスタッフや店員、もしくは僧侶や住職などの専門家に質問したり、あるいはすでに購入している人の意見を参考にするなどして、いろいろ確認するように注意しましょう。