主がいなくなった部屋に

ダンボール

現在は、親と子が離れ離れで生活しているケースが多いため、子が看取ることなく親が亡くなることもしばしばあります。子は準備もないままに葬式やいろいろな手続きをしなくてはならず、遺品整理もままなりません。そんな時はプロの業者に遺品整理を任せるのも心強いです。

Read

その時が来る前に

男の人

インターネットが便利

ある程度、心の準備ができているのであれば、事前に柏原にある葬儀会社を探しておくこともできるというものです。ところが、その日は突然やって来ることも少なくありませんから、慌てなくて済むように、柏原にある葬儀会社を、どのようにして探せば良いかだけでも知っておいて損はないです。まずは電話帳を見ながら柏原の葬儀会社を検討するという人も多いのでしょうが、これは時間がない時にはあまり向いているとは言えません。その理由は、情報量が限られているからで、電話で問い合わせてわかることなど限られているのです。では、どうすれば良いのかというと、最近では柏原にある多くの葬儀会社では、ホームページを開設しているため、これなら知りたいことのほとんどが見られるので安心です。

たくさん見ておく

今すぐにでも柏原で葬儀を行なうとなったのなら、悠長に構えているわけにはいかないので、暇な時にでも検索しておくと良いでしょう。そして柏原にある葬儀会社を一つでも多く見ておくことが大切で、どのようなやり方があるのか知っておくと何かと便利です。葬儀というものは、相場があってないようなものなので、同じようなことをしていても、料金が一桁変わることも珍しい話ではありません。そこで家族葬や少し規模の大きな葬儀の場合など、いろんなことを想定しておき、その最安値と最高値を調べておくことで、大まかな相場というものが頭に入ります。それから花だったり、お坊さんの手配などはどうするのか、葬儀会社は相談に乗ってくれるかを見ておくと慌てずに済みます。

仏さまとの対話のために

仏壇

仏壇は位牌や仏具などを収納し、先祖や遺族などに祈りをささげて対話するものとして一般的に認識されており、その価格や品質、デザインなども実にさまざまですが、家族の意見や家の事情、自分の希望などを合わせた上で選ぶことが基本です。

Read

出棺から精進落としまで

葬儀

埼玉県などの葬儀において出棺から火葬場までの流れとしては告別式終了後に遺族や親族、参列者で火葬場へ移動します。納めの式を行い最後の、お別れをして火葬後、お骨拾いをして葬儀場に持ち帰ります。精進落としは遺族や親族が僧侶や世話役、弔問客をもてなすもので1時間から2時間行い終了となります。

Read